推薦のことば

松本輝彦
INFOE(海外子女教育情報センター) 早稲田大学 非常勤講師

松本輝彦日本の教育の目標は「生きる力」です!

日本の教育の目標は「生きる力」です。具体的には、「自ら課題を見付け、自ら学び、自ら考え、主体的に判断し、よりよく問題を解決する資質や能力」を身につけ、「自己の生き方を考えることができるようにすること。」と指導要領に明記されています。

次の世代を担う子ども達のためのこの目標に反対する保護者はいないでしょう。しかし、ご自分のお子さんが日々受けている教育をご覧になって、現在の日本の学校がこの教育を確実に実践していると、賛成される保護者もいないでしょう。

ところが、日本の教育が理想としている「生きる力」を持った子ども達が日本にもいます。海外、特に欧米諸国の現地の学校で教育を受けて日本へ帰国してきた子ども達です。この子ども達の外国語能力だけが注目されますが、実は、その国の教育システムの中に埋め込まれた「隠されたカリキュラム」の教育が最も価値があるのです。目に見える教科や知識の学習よりも、「生きる力」が意味する具体的なアカデミック・スキルの目立たないトレーニングのほうが、帰国子女の「宝」なのです。

「生きる力」を超えて、日本の子ども達は、このスキル・トレーニングを必要としています。日本の学校で指導されることのないこのトレーニングを実施する教育機会が待望されています。その教育は、外国語だけではなく、その外国語で主要科目の学習をする現地の学校のカリキュラムを取り入れることが大切です。海外の子どもが日本語での学力維持・伸張のために通った「日本語補習校」のシステムを、日本に再現した「英語補習校」が理想です。

欧米の教育の指導をトータルに取り入れたEFFECTのプログラムはその一つです。このプログラムを通して、日本の子供たちがアカデミック・スキルを身につけると、確信しています。

保護者として、お子さんの未来のために、その機会を与えてあげてください。

日向清人
慶應義塾大学講師 NHKラジオ「ビジネス英会話」講師(H16年前期)

日向清人三つの理由でEFFECTをお勧めします!

「私自身、幼少時をすごしたイギリスやシンガポールでは家庭教師に童謡を歌わされ、帰国後はアイルランド人シスターの英語塾で音読をさせられ、身をもって英語はリズムとイントネーションつまりは音が本体であることを経験しました。

おかげで私の話す英語は間違いなく通じます。この点、EFFECTは、マルチメディア教材を使って、音から入るアプローチに徹しており、ようやく日本でも英語の世界で当たり前とされている教授法が入ってきたのかと一種の感慨をおぼえるほどです。これが第1の理由です。

英語で基本的な教科を勉強できることには大きな意味があるという点が第2の理由です。
自分の好きな科目の内容を英語でも平行して勉強できれば、自分の生活範囲の英語を自然に吸収できますし、例えば、外国人の友達ができたときも、いわば「等身大」の英語でつきあいができ、自信がつくというものです。一方、英語での説明の方がかえってわかりやすく、不得意科目を克服できるといったこともあるでしょう。

最後に、私がEFFECTをお勧めしたい最大の理由は、英語圏の教育のある人々が身につけているものの考え方、理屈の組み立て方に触れることができる点です。良し悪しは別として、国際社会での英語の「論法」は結論を明確に打ち出してから、理由づけを論理立てて展開するというスタイルです。はやりのプレゼンテーションも単純ながら決まったやり方があります。こういったものに早いうちから触れておくことで、英語はそこそこできるけれど、相手と話がかみあわないといった悲喜劇を避けられます。」

Dr.Johann DebeerEnglish Excel開発責任者
Dr.Johann Debeer

"Our education programs are helping students all over the world in improving their English abilities. Unlike traditional ESL programs, the English Excel educational program not only effectively develops students English language abilities, but the program also develops their personality, self-esteem, creativity, communication skills, knowledge and the application and transfer of knowledge. English Excel is based on out unique teaching philosophies of CIL (Computer Instructional Learning). Due to the vast amount of knowledge transfer, we find that our students learn on average 6 times faster than students enrolled in traditional ESL programs. We are excited about Japan joining our growing overseas network and the wonderful gift of giving your children the opportunity to expand their potential !"

「私どもの教育プログラムは世界中の子どもたちの英語力を向上させることができます。従来のESL(第2言語としての英語教育コース)とはちがって、English Excelは英語力を向上させるだけではなく、個性・自尊心・想像力・コミュニケーション力などを育てます。我々独自のCILという手法を用いておる当コースは、従来のESLの6倍の速さで習得できることがわかっております。

私どもの海外展開に日本も参加してくれることを大変喜ばしく思うとともに、皆様のお子様の大いなる可能性を伸ばすお手伝いができることはうれしい限りです。」

ページトップへ